レッサーパンダでサーロス・ウルフドッグ

チャットを変えてですね。昨日のCEOの合戦なんですけれども、宇賀神が浦和では概ねやったことのない、右側サイドバックでスタメンでしたね。
取り敢えず、選べる趣旨自身異常でしたが、スタメンなのも異常でしたが、それも不慣れの右側サイドバックということも異常でしたわ。で、とにかくというか、どうなのかな?というのもあって、日本では多分適切感じの間合いもアフリカクライアントならではの体力で抜こうとした近辺、徒歩をかけてしまい、PKね。
今回は、酒井宏樹が外傷でいなくて、酒井高徳は両サイドできるスポーツマンであるから、選べることは決定につき、右背面とれるスポーツマン、それは両サイド又は他のパーツといった併用できるようなスポーツマンを選んでいきたいって思ってはいたのでしょうが、当初で見切られたのかな?っておもうね。
http://直方市でお金借りる.xyz/
浦和も去年は左手サイドバックは槙野がまわってやる状態で、ダグアウトという合戦多かったので、CEOに選ばれた趣旨自身驚いたね。